『クーンババ野生保護地区』でカンガルーとコアラに会おう!

クーンババのカンガルー オーストラリア

オーストラリアのリゾート地『Gold Coast (ゴールドコースト)』は自然がいっぱい。ビーチからちょっと離れて内陸に行けば、オーストラリアの動物たちに会うことができます。

そして今日紹介するのが『Coombabah Lakelands Conservation Area (クーンババ野生保護地区)』。高確率で野生のカンガルー、そして運が良ければコアラにも会えるかも。。。

『Coombabah Lakelands Conservation Area (クーンババ野生保護地区)』とは?

Coombabah Lakelands Conservation Area (クーンババ野生保護地区)』では、1200以上の湿原、ユーカリの木、塩性湿地、マングローブが保護されています。

この保護地区には274種類の野生動物たちの家であり、コアラを含む7種類の近危急種も生息しています。

このエリアには多くのトレイルがあり、野生動物に出会える最高のスポットになっています

営業時間

朝6時~夕方6時

この公園の入り口にゲートがあり夕方6時になると閉まるので、6時までに公園を出ないと閉じ込められます。

アクセス

Southportバス停から719番のバスに乗車→Pine Ridge Rd at Coombabah Roadで下車→徒歩約10分

ゴールドコースト市内のバスの乗り方は以下の記事をチェック!

『クーンババ野生保護地区』のトレイルを紹介!

それでは、『クーンババ野生保護地区』にあるトレイルを紹介していきます!まずはマップをどうぞ。

地図からわかるように、めっちゃ広いです。そして、『クーンババ野生保護地区』には6つのトレイルがあります。

  • Koala track
  • Wallaby circuit
  • Melaleuca boardwalk
  • Boundary track
  • Myola Court boardwalk trail
  • Jabiru circuit

このように難しいわけわからん名前のトレイルがいっぱいあります(調べたところ植物の名前とかでした)。

全部のトレイルを周るのは時間がかかるので、時間に余裕がある方はチャレンジしてみてください!

ちなみに「Wallaby circuit」とありますが、どのトレイルでもワラビーとカンガルーには高確率で会えます。

カンガルーの集団

こんな感じでいます。

体験レポート

ここからは、実際に行った時の様子を写真を踏まえながら紹介していきます!

コアラ・カンガルー注意の看板

まずは入り口。コアラとカンガルー注意の看板があります。ゴールドコースト市内は、ここだけでなく高速道路等にもこの看板があります。オーストラリアらしいですね!

湿原

雨の翌日の公園の様子。写真では伝わりにくいかもしれませんが、巨大な湿地が現れます。

可愛いカンガルー

こちらが『クーンババ野生保護地区』で出会った中で一番可愛かったカンガルー。目がウルウルして可愛くないですか???しかもカメラ目線でポーズも完璧です。原宿で歩いていたら絶対スカウトされますね。

ここで注意点。上の写真からもわかるように公園内はカンガルーの糞だらけです。

オシャレな靴を履いていかないようにしましょう。

コアラトラックへの道

この写真は、「Koala track」への道。大自然の中に入り込む感じがテンション上がります。この辺りは蚊が多いので注意です。そして、「ミジー」もいます。

ミジーとは、オーストラリア特有の蚊です。こいつは普通の蚊よりもやっかいで、刺されると何か月も痒みが続きます。しかも蚊よりも小さく羽音もほぼないので、いつ刺されたか気づくことができません。僕もゴールドコースト留学中はミジーに悩まされました。嫌いです。

そして「Koala track」では、野生のコアラに会えるチャンスがあります。しかしコアラの数は多くないのでなかなか会うことができません。

僕も『クーンババ野生保護地区』には5回ほど行ったことがありますが、一度も会うことができませんでした。出会えたらラッキー!くらいの気持ちで探してみましょう!

コアラに絶対会いたい!!!という方は、ゴールドコーストの人気動物園『カランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリー』に行きましょう。コアラを抱っこすることもできますよ!

まとめ

今日は『クーンババ野生保護地区』について紹介しました。このエリアではオーストラリアの野生動物に会うことができます。

ゴールドコーストの中心地「サーファーズパラダイス」からは少し遠いですが、一度足を運んでみてはいかがでしょうか??

コメント

タイトルとURLをコピーしました